バガボンド

以前当作品をシグルイと対比した評を読んだことがある。

 

シグルイが「武士社会の被虐性」をテーマにした剣術漫画とすると、こちらは「武士社会のスポ根」がテーマと評したものだった。

 

 

それなりに興味深いと思う。
性悪オオカミが恋をしたらしい

 

確かにバガボンドは、陰鬱な雰囲気は感じられるものの、武蔵の経験していく一戦一戦はそれぞれが手に汗握るものであり、勝利の瞬間には爽快感すらある。

 

 

これはまさにスラムダンクで慣らした井上節の真骨頂だ。

 

ただ最近は武蔵が達人の域に達してきていることもあり、以前のようなわかりやすい爽快感は影を潜めてきていると感じられる。

 

ツンデレボイス

 

 

個人的に吉岡清十郎戦が爽快感の頂点だったと思っている。

 

「達人」がテーマなだけに判りやすい展開は非常に難しいとは思うが、がんばってほしい。