孤独のグルメ

何度読んでも飽きない、止まらない漫画本はたくさんありますが、「孤独のグルメ」はまたちょっと違う魅力を漂わせている漫画本です。

 

ストーリーが淡々としていて続きが気になるような展開でもないのに、私はこの本を一度手にとってしまうと、何故か最後まで読んでしまいます。

 

全体的にシュールで、一話完結。主人公である井之頭五郎が「腹が減った…」と思ってようやくメインのお話へ入ります。

 

姉貴(泥酔中)とHしちゃいました

 

その描写が静止画であるというのに実に美味しそうで、食べながら井之頭五郎が心の中のつぶやきや叫びが非常に面白くて、思わず笑ってしまいます。

 

井之頭五郎の謎めいた魅力と、うずうずするほど美味しそうな料理店のオンパレード。気になる方は是非チェックしてみて欲しい一冊です。

 

おなかにいっぱいあやかしの種